営業コラム

体育会系学生が気を付けるべき就活を有利に進めるコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

体育会系学生は就活で強い!?

「体育会系学生は就活に強い」というイメージ、なんとなくありますよね?

最近では、「スポナビ」のような体育会系学生専門の就活サービスが勢いを増しつつあります。この「スポナビ」に登録している企業は100社を超えており、このことからも体育会系学生の需要がわかりますね。

しかし、実際に体育会系学生は就活に有利なのでしょうか?少しデータを見てみましょう。

こちらは体育会系学生と一般学生の就職活動の量を示したグラフです。特に注目すべきポイントはエントリー社数で、一般学生が 42.7 社であるのに対し体育会系学生は28.8 社となっており、体育会学生の方が13.9社少なくなっています。

そしてこちらが内定率を比較したグラフです。体育会系学生の内定率は78.8%で、一般学生の内定率(76.0%)よりも2.8ポイント高く、体育会系学生の方が内定を得ている割合が高いことがわかります。

(出典 : 株式会社ディスコ「2016年度体育会学生の就職活動調査」)

体育会系学生は一般学生と比べて、エントリー社数は少ないのに内定率は高い、というこれらのデータを見る限り、体育会系学生の方が就活においては有利だと言えそうです。

体育会系学生が就活において有利な点

就活の場で体育会系学生が有利なのは、勝ち負けを競うスポーツの中で培った規律性・体力・精神力が評価されるからです。

スポーツは基本的に勝ち負けが明白であり、「勝つためには何をすれば良いのか?」ということを追求します。ビジネスの場においても、「目標を達成するにはどうすればよいのか?」を常に考え行動することが求められるため、学生時代からそういった厳しい環境で活動を続けていた体育会系学生は重宝されるのです。

また、体育会系のサークルや部活では規律性が重視され、上下関係がはっきりしています。そういった場で身に付けた礼儀やあいさつは、ビジネスの場でも役立つ場面が多いのです。就活の面接でも、気持ちの良いあいさつができる体育会系学生は良い印象を与えることができるでしょう。

そして、特に営業職などの行動量が問われる職種においては、継続的に厳しいトレーニングをこなしてきた体育会系学生は一般学生に比べて体力面において評価されやすいです。どんな仕事でも時期によっては非常に大量の仕事をこなさなければならない場面があり、その時辛い練習やトレーニングに音をあげずとりくんできたタフな学生ならば仕事も同様にこなせるだろうと期待させることができるのです。

体育会系学生が注意しなければならないこと

「勝ち負けにこだわりチームとして結果をだそうとした」というストーリーは明快で分かりやすく、誰にとっても伝わりやすいPRポイントになります。

しかし一方で、体育会系だということが逆に悪い固定観念に繋がることもあります。

今現役で役員を担当している世代の方は、「真面目」「努力」「勤勉」という日本的な価値観を持っている場合が多いので、そういった要素をスポーツを通して身に付けている体育会系は評価されやすいことが多いです。

しかし最近では、グローバル化やそれに伴う社会の変化により、柔軟性やアイデア力など「自ら考える力」が求められるようになってきました。そこで、体力や精神力だけでは日々変化している仕事のスピードについてこられないのではないか、という懸念を持たれてしまう可能性があるのです。

「体育会系」=「勢いでなんとかなると思っている」、「指示通りにしか動けない」と思われてしまう可能性があります。

体育会系学生が考えるべきこととは?

体育会系学生が心掛けるべきことは、部活やサークルでの経験にどう「+α」するかということです。

「努力で困難を乗り越えて試合で結果を出した」という話を中心に据えつつ、「将来的にどうなりたいか」や「具体的にどういった仕事をしたいのか」などを説得力のあるエピソードとともにアピールすることができれば、一般学生だけでなく他の体育会系学生とも差別化できるでしょう。

そのためにおススメなのだ、インターンシップや就活イベントへの参加です。部活動などで忙しかったとしても、そういった催しに参加することによって自分の将来について深く考える機会になります。また、そうすることによって「就活に対しても全力」ということを企業にアピールすることもできます。

自分の体力や根性に自信があるのなら長期インターンに参加してみるのも一つの選択肢でしょう。実際に自分の能力がどの程度社会で通用するのかを知ることができます。部活にも就活にも全力投球をしていれば、きっと企業の方もその頑張りを評価してくれるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る