営業コラム

就活の前に長期インターンをやっておいた方が良い三つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

就活に必要なこととは

2018年度の就職活動の解禁は三月でしたが、解禁前からしっかり準備をしていた学生も多いですよね。

一般的に事前にしておくべき準備として自己分析や企業分析、OBOG訪問などがあります。

もちろんこれらも全て大切ですが、加えて企業がどういう人材を探しているのかを知ることも大切です。つまり企業目線から見て、一緒に働きたいと思ってもらえるような人物になることが重要です。

「一緒に働きたい」と思われる人物像は業界やその業界の企業によっても異なります。
どうすれば企業が求める人物像がわかるのでしょうか?

それは実際に就職したい業界や企業で「働いてみること」です。

実際に、自分が企業の中で働くことにより、
自分が働いてみたい業界や企業でどういった人物像が求められているかがわかってくるでしょう。

そのため長期インターンで働く経験は就活の準備をする上で非常に役に立ちます。

2019年以降で就職活動をされる学生は今から長期インターンを考え始めてみましょう。

長期インターンが就活準備に役立つ理由

〇企業目線が身につく
〇自己分析ができる
〇企業分析ができる

長期インターンをすることで企業目線がわかってくることはもちろん、就活準備に必要だと上述した自己分析や企業分析も平行して行うことができます。

長期インターンであれば企業目線が身に付く!

上記でも述べたように長期インターンをすることにより、企業目線で「どのような学生と一緒に働きたい」と思われるかがわかります。企業で働いている社会人と一緒に過ごす時間が増えるからです。

そこで働いている方たちは企業にとって一緒に働きたいと思われるような方だったということになります。また人事の方と話す機会を持ち、どんな人物が求められているか聞くこともできます。

0hHaUoE4I5aSTXTHQ1sKjikuPBKqqXhQYBQIUOHzrl4WMHtewvS5bHnHBIEf9AqqIFxOqSt8BOQb-TWG16flxALHawCC1rJRL7nBemZF7dPyTQXH_tPZPyduDbBqprONxCbZhOcN

自己分析ができる!

インターンを通じて自己分析をすることができます。自分が得意なことや苦手なことだけでなく、なぜその業界で働きたいのかどんな職種であれば自分が成果を出せるのかなど就職活動の軸になることが働くことによってわかってきます。

業界で絞って就活をする学生も多いですが、働いた経験がなければなぜこの業界なのかという説明が難しいです。働いた経験をもとにこの業種という説明ができた方が説得力があります。

企業分析ができる!

インターンをして働くことによって企業を選ぶ軸を確立することができます。例えばどれくらいの規模感の企業が合うのかや事業をどれくらい持っている企業が良いか、どういった社風の企業が合うのかといったことがわかるようになってきます。

規模感や社風などは働いてみないとわからないことなので、大企業かベンチャー企業どちらに行きたいか迷っている人はインターンを経験することでどちらが適しているか見えきます。

最後に上で述べたことはある程度長期で働くことによって見えてくるものでもあります。

半年以上など継続した結果わかるものなので、就活の準備はインターンも含めると早くから行った方が良いです。

XQbEIp5Lhv9Eih3IZ0bDmVH_piWPxMNR6l4-VNqnUuQv_bp0bDFQOJAD554MOo2PeV3ILTwy5ogmMRtmJ318xBgBeGhhDj7_oYu1wpDuj_2JV5TJPTwgHy-gAoEbvYgwxMHnQW81

まとめ

おわりに、来たる就職活動に向けてやっておくべき準備は多くあります。自己分析や情報収集のための企業分析だけではなく、企業から見てどんな学生であれば一緒に働きたいと思われるのかという人物像も情報の一つとして収集してみてください。

長期インターンをすることによって企業目線での欲しい人物像がわかり、さらに自己分析や企業分析もできるようになります。一石三鳥の長期インターンを就職活動前に是非行ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る