営業コラム

実は力がつく「飛び込み営業」とは? | コラム : 営業の種類編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回は飛び込み営業についてを解説します。
一般的につらいと言われる飛び込み営業ですが、実際はどうなのでしょうか?


飛び込み営業とは?

 ■飛び込み営業ってそもそも何?

飛び込み営業とは、企業にアポイントなしでその名の通り飛び込むことです。アポイントなしでいきなり訪問するわけですから、契約まで至る割合は非常に少ないです。

少し前までは、新入社員の仕事の代名詞として知られていました。BtoCの営業ならいざ知らず、BtoBの営業で現在も行っている企業はほとんどないと思います。ただ、飛び込み営業には飛び込み営業のメリットややりがいもありますのでチェックしておいて損はないです!

■飛び込み営業の具体的な活動

飛び込み営業の具体的な活動ですが、具体的な活動もなにもただ顧客に飛び込むのみです。出社後10:00頃から企業または個人宅へとにかく帰社するまでの間営業してまわります。人によって向き不向きはもちろんありますが、基本的にはつらい部類の仕事になると思います。

しかし、今でも新入社員の研修の一環として行っている企業もあり、営業の基礎は飛び込み営業を通して学ぶことができます。また、飛び込み営業は何のスキルや経験がなくても始められるものですので、リアルなビジネスを学ぶ場としては最も適しているでしょう。

images

■飛び込み営業のやりがいと難しさって?

飛び込み営業のメリットとしては、名刺を渡したり顔を合わせたりことができるので相手に安心感を与えられる事、他社との比較をされにくい事などが挙げられます。また飛び込み営業のやりがいは、何もない0の状態から1を生み出すことが得きるという点です。

前述した通り、飛び込み営業自体には特別なスキルや資金は必要ありません。つまり、飛び込みで契約を取るということはあなた自身の力で新たな価値を生み出すということなのです。もちろん、一般の営業よりもそれ相応に難しく、厳しいです。

飛び込んでもほとんどの顧客は見向きをしてくれないでしょうし、時には冷たい言葉を投げかけられることもあります。また、興味を示してくれたとしても即決となるケースはごく稀です。まず相手のニーズを聞き出すことから初めて何度も根気強くアプローチしなければなりません。また契約が0なら売り上げも0であり、全く会社に貢献していないことになります。このようにシビアなことも多い飛び込み営業ですが、その分身に付く力も数多くあります。

■飛び込み営業で身に付く力

飛び込み営業で身に付く力は、数字の管理能力と根気強さです。まずは数字の管理能力ですが、飛び込みの営業では仕事の評価基準としてやはり契約数が大切になります。そして、目標の契約数を達成するために逆算して飛び込む件数や時間対効果なども考えなければなりません。なので、飛び込み営業をすることによって数字への意識はおのずと強くなります。

また、商材にもよりますが飛び込み営業から契約に繋がるのはほんの2~3%であると言われています。だからこそ、短期的に結果が出なくとも数をこなすことができる根気強さが身に付きます。

求人ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る