インタビュー

「就職しても営業がしたい!」私が営業を頑張れるたった一つの理由〈同志社大学 / 中村玲香〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Interview 04 : 中村 玲香

– 彼女にとって営業とは? – 

自己成長


営業をしていたいとこがきらきらしてみえた

-まずは営業を始めた経緯を教えていただけますか?

きっかけは、いとこからの紹介でした。私のいとこが営業のお仕事をしていて、久しぶりに会ったときに営業の話を聞いたんです。その時私はアパレルの販売員のアルバイトをしていたんですが、ちょうどそのアルバイトを辞めようと思っていた時期で、いとこの話を聞いているうちに私も営業をしてみたいって思ったんです。

営業の話をしているいとこがすごくキラキラして見えて、「営業ってそんなに真剣に打ち込めるものなんや」って、思いました。指示の範囲内で行動するだけじゃなく、自分で考えて工夫できたり、お給料が「時間」ではなくて「成果」で反映されるところがとても魅力的に思いました。もともとやっていたアパレルのアルバイトでは、自分で考えて行動するということがほとんどなかった。社員さんから言われたことただこなしていくような仕事でした。そうじゃなくて、もっと自分で考えて自分で行動したい!と思って、いとこにその営業の仕事を紹介してもらったんです。


営業を始めることに抵抗はなかった

-「営業」は悪いイメージを持たれがちですが、抵抗はなかったのですか?

周りの人も、「え、営業してんの?」という反応でした(笑)。ただ、私はあまり営業に対して悪いイメージはありませんでしたね。営業を始める前から、自分が社会に出てからできることって営業くらいなんじゃないかなって思っていたからかもしれません。

もともと私は人と話をすることが好きで、どうせならもっとコミュニケーション能力をつけてやろうって思ったのも営業を始めた理由のひとつです。それこそ私は発想力もないし、企画とかもできないし、マーケティングもわかんないし、じゃあ自分の武器って対話をすることしかないから、やっぱり営業だなって。そこをもっと生かせたらいいなって思っていました。

s__12468240


マイナスからのスタート

– 実際に行っていた営業はどのようなものでしょうか?

私が行っていた営業は主に2つです。1つ目は、既存のお客さんへ契約を継続してもらう「継続営業」、2つ目は、新規のお客さんへの「新規営業」です。はじめは継続の営業を行っていました。意気揚々と始めたのは良いものの、最初はまったく結果を出せませんでしたね。

平均1日3~4件の契約に対して、私は1日に良くても2件ほどしか契約が取れませんでした。成果の出ないまま、3か月ほど経った時、「自分でやりたいって思って始めたのにこのままダラダラやってるだけじゃあかん」と危機感を感じました。そこで、自分で営業や新聞の勉強を始めるようになりました。

– 新規営業での経験はいかがでしたか?

女性はほとんど新規営業はしていないんですけど、社員さんから「もういけるやろ、やってみろ」と言われたのがきっかけです(笑)。やっぱりとても難しかったですね。初めのうちは、1日で0件という日も普通にありました。

ただ、それはシンプルに考え方の問題でした。最初は、新規営業は継続営業とはやり方が違うんだって考えていたんです。それで、「契約をとらなあかん」という思いだけが先行しすぎていました。そんな時、社員さんに「今まで継続でやってきたことやったらいけるよ」とアドバイスされた時にはっとしました。そこからは、考え方を変えただけで、一気に変わりました。


自信を持てるようになった

– 営業を始めてみて、どのようなところが変わりましたか?

まず「なんでもやってみることが大事」って思えるようになりました。何かをやってみる前から自分の限界を決めることがなくなったというか。営業をやってからは、どんなことでも率先してできるようになりました。

あとは、成果がお給料に反映されるので、件数が取れるようになってからは金銭的にも時間的にも余裕ができて、趣味が増えました。例えば、料理は今まで全く興味がなくて、親に言われても絶対やらなかったんですけど、営業やり始めてから料理をやりだしたり。親には、「あんたどうしたん?」て(笑)。

営業でも普段でも、「とりあえずやってみる」というのは、最初はうまくいかなかったけど、試行錯誤の中で成長していけたっていう経験があったからなんだと思います。「やればできる」と自分に自信が持てるようになったのはすごく大きな経験でしたね。

s__12468245


就職しても営業がしたい!

– 最後に、これから営業を始めようと迷っている方に一言お願いします!

迷ってるなら絶対に営業を経験した方がいいです!営業って、絶対になくならないと思うんです。いくらロボットが進化しても、人と人がいる限り営業はなくならないと思いませんか?

そして何より営業は楽しいです。もちろんしんどいことも多いですが、その分うまくいった時は達成感がありますし、成果や自分の成長が数字で残ります。実際に営業をやってみて、将来就職しても営業に挑戦したいと思えるようにもなりました。なので今は「営業」を軸に就職活動をしています。

それに、やっぱり何事もやってみないとわからないと思うんです。いくら営業が大事と聞いても、実際に営業の経験がなければ、営業の大切さってわからないと思います。私は、営業はただ物を売るだけの仕事ではなくて、人間関係の構築が基礎だと思うんです。とにかく一度チャレンジしてみてください!

s__12468242

 


Profile:中村玲香 

同志社大学。アパレル店員のアルバイトからより「成果が反映される環境」を求め、新聞の訪問販売営業を始める。既存顧客から受注する継続営業だけでなく、新規顧客から受注する開拓営業も始め、400位中5位の成績を獲得。この経験から将来は営業職を志し、現在「営業」を軸に就職活動中。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る